人間活動に専念ガイド:経営指針書の磨き方と活かし方

ほぼ全員わがまま。人の話なんか聞かない。中小企業家とは、なんと自由奔放やりたい放題な無法者なんでしょうか。 団体行動がが嫌いでわがままで、どんな組織にも順応しなかったキクゾウさんでしたが、「上には上が」とは、まさにここのこと。 2003年10月、中小企業家同友会に入れていただきました。

入ってよかった中小企業家同友会

わたしが中小企業家同友会に入れていただいたのは
2003年10月のことでして、
それからいっぺんも赤字を出してないぞっていうのが、
わが社のささやかな自慢のひとつでもあるわけなんですが、
マジで入ってよかったと思ってます。
ここでわたしが中小企業家同友会さんのことをベタホメしても、
別におこづかいがもらえるわけじゃなく、
それどころか会費は毎月7000円ずつきっちり払いつづけないといけないわけですが、
でもやっぱり自分が入っててよかったと思うこと多いんで、
経営のことが右も左もわからないというあなたにはゼッタイにおすすめします。
わたしも最初は入れ入れと熱心に誘われて、
気乗りはしなかったけどとりあえずって感じで入っただけですが、
入ってみたら予想とちがって、
ええかげんな感じがほんまにええかげんでよかった。
自主・民主・連帯の精神っていってますけど、
政府系の公的な団体ではなく、
補助金のたぐいも一切もらわず、
中小企業家ばっかりが自分たちでお金を出して知恵を出しあって自主運営をしている。
そういうのを「任意団体」っていうんですけども、
商工会議所なんかとは存立の根本がぜんぜんちがうところ。
たぶんそういう関係で、
堅苦しいところがない(ルーズともいう)です。
来たかったら来たらいいし、
来たくなかったら会費だけ払っといたら文句ないから来んな
みたいな、
単純明快なルールで。
年によってマメに活動に参加してた時期と、
そうでもない時期はありますし、
幽霊会員に近かった年もありますが、
つかず離れず、
学びが足りてないなと感じたらまた思い出したように足を運んで、
なんやかんやいいながら出席率は高いほうです。
活動の中でも特にいいなと思うのはやはり、
経営指針成文化
ってやつです。
なんのために経営やってるんか、
どんな会社にしたいのか、
お客さんは誰で、どこにいるのか、
利益はいくらほしいのか、
自分の強みは何か
‥‥etc。
はじめは答えられないことばっかりでしたけど、
だんだんはっきり答えられるようになって、
そのことが無邪気に嬉しい。
会社の方向性を詰めこんだ経営指針書ってもんができあがると、
ブレなくなる感じがわかって単純にウレしい。
実際、
社長がブレないと会社がブレないので、
外部環境にむやみにまどわされなくなってくるし、
業績は確実に安定します。
コントロールできるといったほうがいいですね。
この感触を、
みなさんと共有したくてこのカテゴリーがあります。
だから元ネタはほとんどすべて中小企業家同友会さんからの学びなんですが、
出会って刺激を受ける相手の経営者が変わりますので、
テキスト丸写しとはまったくちがいます。

はじめに読んでみてほしいおすすめページ

このカテゴリーでダントツによく読まれているのが、
「経営理念とは」です。
サイト全体でも2番めか3番めの人気ですので、
少しは役に立っているのかなと思います。
あとは、
「社員を巻きこむ経営指針づくり入門編」「どんな会社にしたいのか?」とか、
「組織のよりどころ」など、
本質的なところで、
むずかしいことを書いているわりによく読まれています。
じっくり読まれているのは、
「戦略と戦術はどうちがうか?」
「物心両面の幸福を追求する」「理念と信念」など、
わたしの持論を述べてますので、
読み物として楽しんでいただけたらよいかな、
と。
書いた本人の立場からのおすすめはというと、
「自社の事業を定義する」は読んでおかれたらいいです。
現実の経営指針づくり勉強会でもそうなんですけど、
ここがいちばん目からウロコ率が高いとこだからですね。
わたし自身もウロコ出ましたしね。

学びのコツは取捨選択にあり

中小企業家同友会に話を戻しますが、
せっかく入ったのに、
やめちゃう人はもったいないですね。
会費が払えない‥‥っていう理由なら、
止めませんけど、
他の会員と衝突して気分が悪いとか、
レベルが低すぎてやってられんから盛和塾に移るとか、
わからんでもないですが、
こっちはこっちで継続したらいいのにと思います。
経営指針だけじゃなく、
求人や人材育成も幅広く学べます。
毎日どっかで勉強会やってるので、
選び方しだいで自分にマッチしたテーマがすんなり見つかって、
コンビニみたいに便利です。
ただし、
なんか役を受けてくれと頼まれたときがひとつのポイント。
自主運営なので、
例会にしろなんにしろ、
ぜんぶ自分たちで決めてやっていく。
いちおう事務局ってありますが、
運営の方向性には口出ししませんし。
支部長、委員長、ブロック長、グループ長‥‥、
いっぱい役職がありまして、
意味もわからないうちからポンと任されることもあります。
組織運営やリーダーシップを学ぶために、
積極的に引き受けてみるっていうのがおすすめですけど、
しんどくなるとしたら役を受けてからっていうのが大多数なので、
思案のしどころではあります。
いままで自由にやれてたのが、
いっぺんに強制色が出て肩の荷が重くなります。
責任が伴うんですからあたりまえなんですが、
これで社員の気持ちが初めてわかったという社長もいます。
経営者が他の経営者を見る目っていうのはかなり厳しいもんがありますんで、
ええかげんなことをやって無責任のレッテルを貼られますと、
だんだん居場所がなくなってしまうわけなんです。
適度な距離感を保って取捨選択
っていうのが、
中小企業家同友会での学びを最大化するポイントだとわたしは思います。
年商たかだか数百万円という個人事業主から、
100億、200億の大尽まで、
中小企業家っていうジャンルでひとくくりにして、
ごった煮で対等に意見交換してるってこと自体が特異なことなんですけど、
自分とぜんぜんちがう価値観が味わえるってことは貴重な学びだと思いますね。

このカテゴリーの投稿一覧

§ 心のお手入れをサボらないために
 > 1-アウトライン
 □経営指針作成の手引き
 □経営指針書の効能
 □戦略と戦術はどうちがうか?
 □なんのために仕事をするのか?
 □社員を巻きこむ経営指針づくり入門編
 > 2-ブレない軸
 □経営理念とは
 □組織のよりどころ
 □経営理念のつくり方
 □理念と信念
 □物心両面の幸福を追求する
 > 3-こんな会社にしたい
 □ビジョン描画力
 □どんな会社にしたいのか?
 □自社の事業を定義する
 □重要成功要因を書き出す
 > 4-利益がいっぱい
 □「被写体化」のススメ
 □横軸連携
 □コンセプトメイキングで奇跡が起きた?
 □会社を成長させたい人はチェックしてください
 □おもてなし撤廃論──顧客のニーズと自分のウォンツ
 > 5-中期計画と未来予想
 □アドボカシー経営
 □まっ黒な景気予測に光を
 □MG(マネジメントゲーム)のすすめ
 □売るのをやめたら売れていく
 □数字に強くなって利益計画表を作ろう
 □利益とは何か